About JACT Editors Submission Author's Guide Japanese Guide Status of Papers View Articles Reviewers


Journal of Advanced Concrete Technology

日本語投稿ガイド

JACTへの論文投稿をご検討いただき有難うございます。
この文書は、日本人の著者が英語論文の電子原稿をご準備いただく際の注意点について説明するものです。 以下の原稿準備の案内に従って原稿を用意ください。 また、Editorial Manager(電子投稿システム)では、Wordファイルが自動的にPDFに変換されますので、Wordを用いて原稿をご準備下さい。 PDFで提出された場合は、採択後にwordファイルを再提出して頂くことになり、採択から出版までの時間を要することになります。
Word用のテンプレートを用意していますので、ご利用ください。

JACT Template for word



半角フォントによる特殊記号の入力方法
英語論文の電子原稿作成における最大の問題は2バイト(全角)文字の混入です。この様なPDFやWordファイルは海外の査読者のパソコンで上で、文字化けしたり、ページを開くことができません。日本語版のWordをお使いの方の場合、無意識にMS明朝などの漢字によるギリシア文字、各種記号、数学記号、全角スペースなどが混入されています。
Wordを用いて原稿を準備される場合、まず最初にフォントをTimes New RomanまたはArialにします。これらのフォントでは依然上記の特殊文字を入力することはできませんので、半角のローマンフォントであるSymbolフォントを適宜使用します。「挿入」メニューから「記号と特殊文字」を選択し、出てくるダイアログボックスでフォントをSmbolにします。ギリシア文字や各種の記号が出てきますので、それをダブルクリックすれば、書類の中のキャレットのある場所にその記号が入力されます。頻繁に使う℃の左上の○などは、このダイアログボックスの下にショートカットキーを割り振るボタンがあるのでこれを用い、例えばAlt+Shift等を割り振ってやると、文章を書く流れを中断することなく記号を入力できます。
既発表の日本語論文の扱い
JACTでは、英語で公開されていない既発表日本語論文の英語版で、国際的に公表する価値があると判断され、かつ以下の条件を満たせば受理致します。 条件の第1は、日本語版からの英訳版であることを明記して頂くことです。そのため、原著を必ず引用文献に含めると共に、Abstractの最後に、初出の論文からの翻訳版、あるいは改訂版であることを明記して下さい。
記入例(内容がほぼ同じ場合)
"This paper is the English translation from the authors’ previous work [First author's name, et al., (year). “Paper title.” Name of Journal, Isuue(Vol), start page-end page. (in Japanese)]."
記入例(新しい内容及び結論が追加されている場合)
"This paper is the extended version in English from the authors’ previous work [First author's name, et al., (year). “Paper title.” Name of Journal, Isuue(Vol), start page-end page. (in Japanese)]."
また、国際ジャーナル誌に相応しいように、最新の研究動向に基づいて研究の意義、目的を明確に記述すると共に、国際的な見地から引用文献を充実させてください。 日本語のみの文献リストや最新の研究動向を反映していない場合は不採択と判断されます。

原稿準備の案内

1. 一般
原稿はテキスト、数式、図(写真)、表のファイルから構成され、いずれも電子媒体で送付されることを推奨します。これらをもとに、ACTは印刷データのレイアウトを行います。
ACTはインターネット上のPDFファイルのみの形態で出版されます。原稿のカラー情報はPDFファイルにおいて維持されます。
全ての著者について、著者名を姓名ともフルに記載し、職名、所属、機関名、都市名、国名を記載して下さい。電子メールアドレスは連絡先の著者だけお書き下さい
<
2. テキスト
2-1 MS Word形式(推奨)
フォントは原則的にTimes New Roman 又はArialの12 point。各種記号もできるだけ当フォントを用いて下さい。Super-subscriptを含めて下さい。
ギリシア文字、数学記号等はSymbol fontを使用し、MS明朝などの2バイト文字を含めない様注意して下さい。

2-2 Plain text + PDF
フォントは原則的にTimes New Roman 又はArial12 point。各種記号も当フォントを用いて下さい。
ギリシア文字は引用符をつけ英語で記述(例:"Alpha", "Gamma")
Super-subscriptは標準書体のままとし、付属のPDFファイルの中で分かるようにして下さい。

3. 数式
次の(1)~(3)いずれかを選択して下さい。
3-1 MSWord 付属の数式エディタを使用し、テキストに含める。(推奨)
3-2 MathTypeを用い、 数式番号をファイル名とし、テキストとは別に準備する。文中には式番号を入れて下さい。
3-3 TeXで記述された数式はEPSファイルに変換し、数式番号をファイル名とし、テキストとは別に準備する。文中には式番号を入れて下さい。

参考文献の書き方はAuthor-Year方式です。本文中に文献番号は入りません。また末尾の参考文献リストも筆頭著者のアルファベット順となりますのでご注意下さい。(詳細はACT Authors Guideを参照して下さい)
テキスト(数式、参考文献リスト、記号凡例、appendix等を含む)を1カラムにレイアウトし、図表はその後にまとめて付けて下さい。マージンは上下各25mm、左右各20mmとして下さい。ハイフォネーションはマニュアルでは行わない様にお願い致します。


4. 写真
4-1 電子ファイル(推奨)
モノクロ 8bit 200dpi。カラー 24bit 200dpi RGB。ファイル形式はMS Wordに貼り込めるものなら可。スキャンする場合は印刷に必要な大きさ(幅7cm)の3倍
(MS Wordに貼った状態で300%まで拡大してジャギーの無い解像度のものなら可。)

写真もFig.2、Fig.8(a)の様にナンバリングして下さい。

5. 線画・グラフ
5-1 電子ファイル(推奨)
MS Wordファイルに貼ったもので、300%までの拡大してジャギーの無いことを確認できるもの。すべての図を1ファイルにまとめて下さい。
グラフの幅6.5cm 文字は8point以上、 線の太さ0.5ポイント以上、グラデーションやカラーの使用は許可。但し印刷して読む読者のため、モノクロでも区別ができるように配色に注意して下さい。
紙に書かれた図をスキャンする場合は、最終的な図の幅が7cmまたは15cmで、グレースケールで解像度200dpi以上となるように読み込み、MS Wordに貼り込んで下さい。

6. 表
MS wordによる表(推奨)またはMS Excel互換のスプレッドシートソフトウェアで作成されたファイル、線の太さ0.25ポイント。
表の幅6.5cm または15cm。 文字は7point以上、 線の太さ0.25ポイント、グラデーション不可


7. 送付方式
7-1 インターネット

(1)Web投稿 
初回投稿、修正後の原稿、最終原稿いずれも http://www.editorialmanager.com/jact/ から投稿できます。

以上の方法でも送付できない場合はご相談下さい

Dr. Sadatoshi Ohno
Editorial secretary of JACT
Email: secretary@j-act.org